スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.09 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

まりも近況報告1

まりもについて、心配してくださった方々ありがとうございます 。

結果的に、まりもはしばらく入院することになりました。

7日早朝。トイレにラップを敷いて真黒な水溶便を採取。
それを持って病院に飛び込んで、問診、触診、レントゲン・血液検査・尿便検査を受けました。タール便だと思っていたのはとても濃い胆汁が緑を通り越して黒く出ていたようで、内臓で出血はなかったようです。便と触診で誤飲や腸のつまりではないことがすぐにわかり、とりあえず安心。

 レントゲン写真と検査結果を見ながら先生が説明してくれました。
「レントゲンでは胃がガスで膨らんでいますが、腸はきれいだし、血液検査は目立った異常がありません。もうすぐ4歳ですよね、フェレットの三大疾病【副腎腫瘍】【リンパ腫】【心臓病】と、それに次いで多い【十二指腸の異常】のうち心臓病は今のところないでしょう。副腎は超音波でなければわかりませんが…症状的に十二指腸かリンパ腫…癌の可能性があります」

 とりあえずは対処療法で、絶飲絶食をして下痢を止めて、食欲を戻し、復食させて様子をみることになりました。それで治らなければ超音波や試験開腹をする予定。
 自宅で投薬治療の選択も提示してもらいましたが、後悔をしたくないし、病院では皮下点滴による保水を行ってもらえるため、自宅よりもまりもへの負担が少ないと思い、その場でまりもをお願いしてきました。ぐったりしたまりもを抱っこして「2.3日、私に預からせてください」と言ってくれた先生を信じたいと思います
。預けた後、ガンならどうしようと思うと悲しくて、待合室で泣いてしまいました。きっと他の患者さんからは相当ひどい宣告をされた飼い主に見えたことでしょう…。笑

 今朝電話をしたときには「まだ便の状態は悪いですが、元気は出てきたようなのでごく少量のごはんを食べましたよ」と言ってもらえ、昼前に家族が面会に行ったときには、どのくらいかわからないけれど元気だったようです。昼の便は多少形があったとか。投薬が効いているのか、話を聞く限りは徐々に回復しているような感じがします。ただの細菌性の下痢だとかウイルス性の下痢だとか、そういったものであればいいんだけど。明日の仕事帰りに面会に行って、瞳の生気を確認してこようと思います。

 早く退院してオヤツを食べてクックって嬉し鳴きをして、足元でおなかを見せながらかまってかまって!って私の足先を齧ってくれるようになってくれますように。靴下を片一方だけ隠しちゃっても怒らないよ!ケージもハンモックもキャリーもオモチャもぜーんぶきれいに消毒してまりもの帰りを待ってるよ!


病院に行く前に出してほしいとケージをガリガリするので出したらお布団にもぐってたまりも。やっぱり瞳に生気がなかったです(´;ω;`) 


緊急事態。

<本日は自分のための覚え書きでもあるので、支離滅裂、読みづらい上に楽しくないです。。。すみません>(m´・ω・`)m 

 

5日、有給を使って蘭とまりもを、フィラリアのお薬のため動物病院へ。
なんと蘭の体重が4.85kg!頑張って痩せましたね〜と先生に褒められちゃいました。
まりもも体重は0.95kg。いつも通り元気いっぱいマイペース。
その後ペットショップで昔の同僚さんとおしゃべりをしておやつをもらって、たくさん買い物をして、まりもはなぜかショップ内を猛ダッシュしまくって…飼い主がヘトヘトで帰宅…
「今年もフィラリアなんともなくてよかった〜」なんてホッとしてたんですが…

6日朝。いつも通り起床。
まりもがぼんやりしていたので、眠いんだな〜と思いながらお掃除。昨日疲れたからかな〜?とバイト(高カロリーペースト)をなめさせる。

この日は予定ギッシリだったのでお昼に1度様子を見るとフードは減っておらず今朝のバイトを吐いている…。あれ??どうしたのかな??と思って確認するけど、ケージから出して〜と暴れていて元気そう。でもオヤツは拒否。そしてぐーぐー寝る。

そして出かけて、帰宅。食欲がなかったから帰り際にショップでa/d缶と新しいバイトとササミペースト購入したのに、まったく食べず…。トイレに大量の真っ黒なタール状の便…
嘔吐+タール状の便…やばい!と思って小動物専用病院の夜間用番号に電話。

フェレットは嘔吐しない動物。喉詰まらせて戻すことはあるけど…
そしてタール状の黒い便。ちょっと調子が悪いと緑の便をするフェレット。真っ黒ってことは相当体調不良か、胃からの出血か、とにかく消化器官の異常…。
ケージからは出たがるし、水はよく飲むけど、朝から一切食べず、ぐったりしていてずっと寝ている…まりもは今年で4才。症状は副腎の病気ではなけど、リンパ腫の可能性はあるし、でも急になったから考えられるのは誤飲か毛球・・・・。
とにかくとにかく最悪の事態しか頭に浮かばず、今からか、明日早朝か、どちらがいいか先生に伺ったところ、朝一でも問題ないでしょうとのこと…。
とりあえず低血糖になるのでポカリをスポイトで無理やりのませて、a/d缶とバイトを強制給餌。今のところ嘔吐なし。

過去にペットショップの小動物ルームの裏で、ほんとうにたくさんの体調不良の子たちを看病してきたし、強制給餌なんてほぼ毎日行っていたし、つらいつらい最後をたくさん見送って、でもそれが私のやるべきことで少しでも生きてもらうためにテキパキと処置をして、どんなに悲しくても涙なんて流さなかったのに、それがうちの子であるだけでどうしてあげたらいいのか全然わからなくてただただ泣けてきてしまう…。

大したことないなんて言えない症状しか出てないけれど、まりもが頑張ってくれますように。

フェレットショー

11/20に浜松アクトシティで第24回JFAチャンピオンシップフェレットショーin浜松が開催されました毎年2回ほど浜松で開催されているんですが、今年春は震災の影響で自粛。20日は仕事が入っていたんですが、無理に頼んで仕事を午後からに変更し、ようやく見に行くことができました(仕事変わってくれてありがとう


朝の9時に入場。獣医さんにメディカルチェックをされ、ワクチンを確認エントリー外フェレットも細かくチェックされました。会場内は3分の1がショーエリア、残りが机やイス、ケージのある待機エリアと、出店・フリーマケットエリアに分かれていました。
思いのほか、静かで真剣な雰囲気の会場にびびって写真はほとんどありません・・・


本イタチは異常なまでにリラックスしていましたが・・・

とにかくたくさんのフェレちゃんがいましたよこんなに飼ってる人いるんだってびっくりするくらい。そしてみなさんケージやサークルごと連れてくるみたいです。熱意がすごい

ブリード部門やショーフェレ繁殖用の未去勢・未避妊のフェレちゃんのサイズにびびり(幼い時期に手術した子の3倍くらいになります)、アンゴラフェレットのふわふわ感に感動し、エントリーしているフェレちゃんの毛並み・気質のよさにびっくりしました・・・

うちの子が一番って思いはあるんですが、ぜんっぜん違うんですよね。フード・サプリ類の出店もあって、いろいろ見たせいでちょっと影響されそうです

フェレットショーはドッグショーよりも出場しやすいもので、普通にペットショップで購入したコンパニオンフェレットでも十分に優勝できるそうです。記念にって参加する人も多いみたいです

ここはひとつ、まりもさんもピカピカにお手入れして来年の出場狙っちゃう


そして出店ブースでかなりの買い物をしてしまいました・・・
だってフェレットグッズかわいいんだもの・・・

1

PROFILE

NAME:riri(りり)
BIRTH:1990.10.09
ペットショップ店員を経てOLになりました。

----------♥----------


NAME:蘭(らん)
SEX:おんなのこ
TYPE:Mダックス(チョコ×クリーム)
*script by KT*
----------♥----------



NAME:まりも
SEX:おんなのこ
TYPE:パスバレーフェレット
BIRTH:2009.06

----------♥----------



NAME:あおたろう
SEX:???
TYPE:アメリカザリガニ(青)
BIRTH:2013年頃

----------♥----------

星になったベタ:楓くん、葵くん、椿くん

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

PR